土日は朝から晩まで乙武氏の不倫騒動をTVで報じていましたが、TVを見ていてフト気付きました。おーっコレIPO準備に似てるじゃないか。

 乙武氏の不倫の是非はさておき、IPO的に見た乙武氏の不倫騒動。やはりIPO=出馬の問題は、主幹事=政党を変えても変わらない、と言うことになるのかもしれません。

スポンサードリンク

乙武氏の不倫騒動、参院選の出馬が契機らしい

 乙武氏の不倫騒動、なんだか奥さんまで謝罪文を出すという展開で、話題の火に油を注いでいます。

 土日のTVを見ていると、どーやら騒動の発端は乙武氏が参院選に出馬する予定、という所から来ている様子。まぁ簡単に言えば、誰かに刺されてしまった、ということかと。更に、元々「日本を元気にする会」から出馬予定で誓約書まで出していた様子。
 しかし、何故か気付けば自民党からの出馬の方向。そりゃ関係者で怒り狂った人もいると考えられ、女性関係がその筋では有名だった乙武氏、誰かがそーっと週刊文春にリークした、ということでは?

 いずれにしても参院選出馬、なんてことを考えなければ、こんなことにならなかった可能性が高そうです。

主幹事を変えた乙武氏

 乙武氏の騒動、IPO目線で考えてみます。

 まず乙武氏は上場主幹事=出馬先を「日本を元気にする会」から「自民党」に変えています。

 中堅証券会社で上場準備をしていたのに、大手証券からの積極的な営業攻勢を受け、何と主幹事を大手に変えてしまった、そんな状況。まぁ気持ちは分かります。乙武氏と「日本を元気にする会」の代表の松田公太氏は盟友関係にあるそうですが、ビジネスという観点では、業界最大手の自民党からの出馬のほうが圧倒的に、その後のためには有利ですから。

 けどどうしても、何だあいつは、ということになります。これは不義理したのだから仕方ないのですが。IPOの場合は、幹事の比率で何とか相手の顔を立てる、ということも出来ますが、選挙はオールorナッシングの世界。「日本を元気にする会」は完全に乙武氏に袖にされた格好になっています。

実は女性関係は引受部門から指摘されていた?

 ここから乙武氏の騒動を引用した喩え話。

 乙武氏が「日本を元気にする会」から参院選に出馬するにあたって、「日本を元気にする会」の引受部門から指摘されていたのは、女性関係。あんた不倫してるでしょ、不倫を清算しないと、IPOなんかできませんで。知人内では有名の乙武氏の女性関係、「日本を元気にする会」が知らないハズはありません。

 主幹事の「日本を元気にする会」は、出馬するなら不倫を精算しろ、とうるさい。一方、営業攻勢をかけてきた「自民党」は業界最大手、更に不倫のことは知らないし何にも言ってこない。であれば、主幹事を「自民党」に変えてしまえ!

 そんなストーリーが容易に想像できます。

指摘される問題は主幹事証券を変えても一緒

 バレルorバレナイはさておき、IPO=参院選出馬、の際に指摘される問題は主幹事証券=政党を変えた所で一緒、ということ。

 IPOの現場で、主幹事証券を帰ると株価が高くなったり、上場の際に問題としてきされている部分がスルーされるのでは?、という話も耳にしますが、そんなことありませんって。程度の差こそあれ、いずこの証券会社も見ている部分は一緒。

 まぁ引受部門の能力不足で、発行会社の悪さを見破れなかった、ということは多々あろうかと思いますが、それってバレなかっただけで、バレていたらやはり当然問題視されていたでしょうから。

 そんな訳で、乙武氏の不倫騒動、IPO=参院選出馬するなら不倫を清算して身奇麗になってからでないと政党変えた所で何も変わりません、という結論になります。

スポンサードリンク

上場審査をすり抜けてIPOする会社も、投資家=有権者の眼力も大切

 引受部門の審査をすり抜けて上場しちゃったのね・・・、という会社もタマに散見されます。だいたい後で問題となってますが。。。

 けど怪しい会社って目論見書を見ると、何となく分かります。やはり数字の部分ですかね。なんでこんなに来期から数字がはね上がるのかシックリこない、とか、この売上と利益が来期以降も続く理由が分からない、とか。
 ちゃんと証券会社が審査したのだから、そういうことなんだろう、と思ってしまう部分も多いのですが、もう少し踏み込んで目論見書を自分で分析してみると、それでもどーも分かんないな、ということもあります。

 そんな時は君子危うきに近寄らず。納得できない会社に貴重な資金投資する訳には行きませんので。

 教訓的に言えば、乙武氏だって自民党から参院選に出馬していたとして、オッカシイなぁ、と思えば投票しない、という判断ができるかどうか。コレが難しんですけどね。歴史的に見れば、選挙でナチス独裁を許してしまったワイマール共和国始め、枚挙に暇ありません。

16.3.28バツ-min
やはり個人で☓マークを出せる眼力も必要

まとめ

 
 乙武氏の不倫騒動、主幹事変えてIPOしようとしたらこけてしまった会社に似ているなぁ、とフト思ったので、こんな文章書いてみました。

 不倫はプライベートの問題だから政治家として有能であれば問題ないじゃないか、との意見もあるでしょうが、さすがにIPO前=選挙当選前にそれはマズイ。IPOが企業としてのゴールではないように、選挙に当選するのも政治家としてのゴールではありませんが、入り口段階では少なくとも身奇麗でないと・・・。

 2015年はAppBankが問題となったように、上場後に問題が発覚する会社も少なからず存在します。けどAppBank、IPO投資という観点では儲かっているんだよなぁ。この辺り、IPO投資の難しいというか不思議な所です。けど管理人は、君子危うきに近寄らずでいいのでは?、と思います。

 以上、乙武氏の不倫騒動をIPOという観点から考えてみました。

IPO関連の人気記事
IPOに関わる証券会社の種類と最初に口座開設したい証券会社

IPO投資とは?その仕組みと守るべきルール

IPO用語集

スポンサードリンク